ITはなぜ人材不足

IT企業は残業が多いとされています。
確かに、色々な所で掲載されているその手のランキングを見てみても、外食産業や証券といったいかにもな業界の少し下辺りにランクインしているという有様ですが、これは何が原因なのでしょうか。

「選ばなければ仕事はある」と、仕事に困っていなさそうな人たちが良く言いますが、それにも関わらずIT業界は人手不足です。これは業界が大きくなりすぎた事に理由があると思われます。
IT業界は、と言いますか、IT業界も、実は業務の複雑化に従って内部で非常に複雑に多層化しています。大抵大きなシステムを作るとなると大手の有名な企業が仕事を請け負うのですが、大きな企業だからと大きなシステムを自分達で構築できるかというとそんなことはなく、彼らが一次請けとなって更にグループ企業や他の独立IT企業に仕事の細かい部分や、自分達でできない作業を任せたりするのが普通です。これは二次請け三次請けと段々下に下がっていく訳ですが、下がっていくに従い仕事そのものが減る訳ではありません。

しかしその報酬は最低限一次請けの企業が得するように設定されているため下に行けばいくほど予算に制約が掛かります。
つまり、人件費は安く抑えなければならないのです。そのために真っ先にできることと言えば作業員を少なく済ませる事なので、必然現場は人材不足を余儀なくされます。これが人材不足、ひいては激務となってしまう原因なのだと思われますが、こればかりは仕方の無い事なのかもしれません。

こういった背景から、企業を離れ、独立する人たちが増えているのもIT業界の現状と言えるでしょう。
独立したり、フリーランスで働くことで、自分の時間を確保できるため、有意義な生活を送ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です